www.plume-de-strige.com

ケアマネージャーの認知度の低さ

ケアマネージャーの認知度の低さ

介護の職業といえばホームヘルパーが一般的かもしれません。「ヘルパーさん」という呼び名で親しまれ、今後の高齢化日本社会を支える上で期待されています。しかし、介護の職業はホームヘルパーだけでは在りません。ホームヘルパーよりも大切な職業としてケアマネージャーが存在しています。
ケアマネージャーとは、介護認定者の相談・計画・介護事業者との調整を主に担う職業です。このような職業なのだから、当然ホームヘルパーの知識や技術は必要です。それに加えて、介護全体を見据えることのできる広い視野が能力として求められるのです。こちらにアクセス!ケアマネージャーになるには参考になりますよ。

 

これだけ重要な仕事なのにホームヘルパーよりも認知度が低いのは、介護の職業として必要なのが現場だ、ということなのでしょう。日本の介護事情として、ホームヘルパーの人材不足の深刻さを物語っています。
今の日本社会はケアマネージャーを育成するだけのゆとりがないように感じます。ケアマネージャの認知度がホームヘルパーよりも高くなったその時こそ、安心した老後生活が送れるようになるのかもしません。

ホーム RSS購読 サイトマップ